日記 2017年4月 | 周南市周辺の不動産をお探しなら株式会社マイスペースにお任せ下さい。

周南市の不動産情報はマイスペース
日記

国内では従来型の浴室として、コンクリート打ちの浴室などが多く作られていた背景があります。このタイプではタイルなどをコンクリートの表面に張り付けて施工していることが多く、現在でも活用されている方も存在しています。 新しい住宅でも、ユニットバスがメインとして導入されていることは多いです。 ユニットバスの場合では、いくつかのメリットがあり、高い人気を誇る住宅設備機器として利用されています。 ユニットバスは一般的に、従来型の浴室と比較した場合では温かいとされています。 その理由に関しては、浴室内で湯船に入れたお湯の熱などが浴室外に放出されてしまうことが少なく、隙間なども生じていないことから高い保温性能を発揮していることを挙げられます。 その結果として、ヒートショックを起こさずに入浴を行うことができ、高齢者であっても身体に悪影響を及ぼしてしまうことが少なくなります。 特に新しいユニットバスの場合では、床下や壁の内部、浴槽の内部などに高機能な断熱材が使われていることもあります。 そのため、温度差が生じてしまうことを大きく軽減していることで、温かい状態を保つことに役立っています。

 

投稿日:2017/04/13   投稿者:-

アパートなどの物件では、トイレとバスルームが一緒になった状態で水回りのスペースとして用意されている物件を見ることができます。 実情としては近年ではリフォームなどを行って、別々の場所に設置することを行う物件も存在していますが、実際にはトイレとバスが一緒であることで得られるメリットというものが存在しています。 第一に、室内のスペースを広く設けることができます。 そもそもスペース上の問題で一緒に設置されているものですが、別々に設置されている物件の場合では、同じような間取りでも狭いスペースに限定されてしまう可能性があります。 お手入れや掃除にしやすさを挙げることもできます。 一般的にトイレとバスが同じ空間に設置されている物件の場合では、トイレの便器の床面も浴室と一体化されている状態です。 即ち、バスルームを洗った場合ではトイレの周囲も水洗いを行うことができ、常に清潔な状態を保つことが可能になります。 浴室にお湯を入れて湯船に入ることを行っている場合では、同じ空間にあることで暖かい空間を保つことができ、冬場の暖房器具などの節約にもつながるメリットがあります

投稿日:2017/04/13   投稿者:-