日記 2016年6月 | 周南市周辺の不動産をお探しなら株式会社マイスペースにお任せ下さい。

周南市の不動産情報はマイスペース
日記

物件を探す時に基本的にチェックするところは間取りや家賃、 周辺の買い物ができるところや駅までの距離です。 その後に気に入った物件に関しては 実際に不動産屋に行って物件を見せてもらいますよね。 その時に注意したいのが日中に行くのが一般的ですが 夜にももう一度見に行くべきである点です。 実際に見て見なければわからないことも多く、 それは昼間だけではなく夜も周辺を見なければなりません。 昼間では判断しづらい夜道の街灯の数や 治安など危険なところが判断できます。 特に一人暮らしをする女性の場合には 夜中で歩く時には気をつけなければならず、 暗くて細い、見通しの悪い夜道は大変危険です。 その他にも家の中も日照条件も実際にチェックした方が良いです。 日当たりなど周辺の建物の影により少なくなってしまうことがあるので、 見た時間が良くても少し時間が経過した時に また違った日当たりになることもあるので、別の時間帯にも確認する方が安心です。

投稿日:2016/06/09   投稿者:-

マンションや一軒家のどちらに住んでも、 悩むことが多いのは収納ではないでしょうか。 あらかじめ収納するスペースが有るのと無いのとでは、 日常生活を快適に過ごすのに大きく影響します。 そこで目安となる収納率というものがあります。 これは、住宅の床面積に対する収納部分の割合のことで、 一般的な目安は8%とされています。 数字が大きければそれだけ居住スペースが狭くなることになるので 大きければ良いと言うものではありませんよ。 また、ここでいう収納とは床から天井まで使った押し入れや、 クローゼットなどで、下駄箱など小さな収納スペースは含まれません。 ですから、収納率が低いことでためらっている場合は 実際に見学する際に天井までないような 小さな収納スペースが充実しているかでカバーされることもあります。 毎日暮らす家は、住む人の家族構成や仕事などによりさまざまですが どのような空間を一番必要とするのかなどを考えて、 家を選んだり建築したいものですね。

 

投稿日:2016/06/08   投稿者:-