そもそもLDKってどういう意味? | 周南市周辺の不動産をお探しなら株式会社マイスペースにお任せ下さい。

周南市の不動産情報はマイスペース
日記
そもそもLDKってどういう意味?

家の間取りについて調べている時、必ず目にする言葉に「LDK」というものが有ります。 これはどういった意味なのかと言いますと、Lはリビング、Dはダイニング、Kはキッチンの事を言います。 リビングは居間、ダイニングは食事室、キッチンは台所の事なので、LDKとは居間と食事室、そして台所が一体になったお部屋の事を指します。

LDKの魅力と言えば、それぞれの部屋が独立しているよりも、家族とのコミュニケーションを取りやすいという事が、まず第一に挙げられます。 キッチンでの調理中に家族との会話をすることが出来れば、家族と相談しながら、より家族の希望通りの料理を作る事もしやすくなります。

調理中にリビングに居る家族の様子が把握しやすかったり、食事のテーブルへの配膳がしやすいというメリットもあります。 家族がバラバラで居るよりも、少しでも一緒にいる時間を大切にしたいという場合には、LDKの間取りがある家を選択した方が良いのかもしれません。 また、LDKのスペースを広く取る事で、お部屋に開放感が生まれます。 現代では、家に広い面積を取る事が出来ない場合が多いので、LDKを広く取り、メインの場所とする方法もあります。

投稿日:2016/02/17   投稿者:-