収納率をご存じですか? | 周南市周辺の不動産をお探しなら株式会社マイスペースにお任せ下さい。

周南市の不動産情報はマイスペース
日記
収納率をご存じですか?

マンションや一軒家のどちらに住んでも、 悩むことが多いのは収納ではないでしょうか。 あらかじめ収納するスペースが有るのと無いのとでは、 日常生活を快適に過ごすのに大きく影響します。 そこで目安となる収納率というものがあります。 これは、住宅の床面積に対する収納部分の割合のことで、 一般的な目安は8%とされています。 数字が大きければそれだけ居住スペースが狭くなることになるので 大きければ良いと言うものではありませんよ。 また、ここでいう収納とは床から天井まで使った押し入れや、 クローゼットなどで、下駄箱など小さな収納スペースは含まれません。 ですから、収納率が低いことでためらっている場合は 実際に見学する際に天井までないような 小さな収納スペースが充実しているかでカバーされることもあります。 毎日暮らす家は、住む人の家族構成や仕事などによりさまざまですが どのような空間を一番必要とするのかなどを考えて、 家を選んだり建築したいものですね。
  マンションや一軒家のどちらに住んでも、 悩むことが多いのは収納ではないでしょうか。 あらかじめ収納するスペースが有るのと無いのとでは、 日常生活を快適に過ごすのに大きく影響します。 そこで目安となる収納率というものがあります。 これは、住宅の床面積に対する収納部分の割合のことで、 一般的な目安は8%とされています。 数字が大きければそれだけ居住スペースが狭くなることになるので 大きければ良いと言うものではありませんよ。 また、ここでいう収納とは床から天井まで使った押し入れや、 クローゼットなどで、下駄箱など小さな収納スペースは含まれません。 ですから、収納率が低いことでためらっている場合は 実際に見学する際に天井までないような 小さな収納スペースが充実しているかでカバーされることもあります。 毎日暮らす家は、住む人の家族構成や仕事などによりさまざまですが どのような空間を一番必要とするのかなどを考えて、 家を選んだり建築したいものですね。

賃貸単身用でも収納率のカバーされたお部屋 http://www.myspace-net.co.jp/rent/detail/350099-302-302


 
 

 

投稿日:2016/09/10   投稿者:-